ビジネス・ファイナンス情報ニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 借金と国の経済の関係

<<   作成日時 : 2010/06/14 12:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




内閣府が10日に発表した2010年1〜3月期の国内総生産(GDP)改定値は、年率換算で5.0%と、速報値の4.9%から上方修正された。物価変動の影響を除いた実質では、前期比1.2%増となったというニュースです。

実際に日本の国民一人当たりに対する国の借金総額は750万円と言われているようです。これは先進諸国の中でも多いほうかもしれません。しかし、にほんという国がそれによってすぐに借金で首が回らなくなるということはないでしょう。

例えば個人が借金をする場合を考えるとキャッシングという言葉は一般に使われだしたのは最近の事ですが、個人が金融機関から現金を借りる小口の融資のことをキャッシングと呼びます。これを個人がそれぞれ自分の収入を上回る形で行うと大問題になります。

しかし、現実には借金をしなくても生活できる人もたくさん存在します。借りる必要なない人はなどほとんどいないのです。

国の借金がいくらになろうと日本がデフォルトを起こす可能性は今のところゼロと言っても過言ではなく、もっといえば個人の生活はやはり個人の家計を重視して自分自身の生活の収支のバランスを考える必要があるといえるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
借金救済します
借金救済します ...続きを見る
借金救済します
2010/07/07 14:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
借金と国の経済の関係 ビジネス・ファイナンス情報ニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる